トドロカイト 轟石 67g 原石 標本 静岡県賀茂郡松崎町池代鉱山 Todorokite 2

通販特別価格 2,480円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約53X41X29mm
【重さ】
約67.2g
【産地】
静岡県賀茂郡松崎町池代鉱山

【歴史】
1934年に北海道で吉村豊文によって初めて発見された鉱物で、日本で発見されて独立種として承認された鉱物としては最も古い歴史を持ちます。
350ヶ所以上で産出が報告されていますが、原産地は轟石の名称でもある北海道余市町轟鉱山です。
【特徴】
轟石は主に鱗片状の非常に細かい結晶の集合として産出します。
この集合はスポンジ状の多孔質であるため、見かけは軽く感じますが、実際の比重は3.49〜3.82と重い部類に入ります。
モース硬度は1.5と非常に柔らかく、触れば黒い粉末が付き、近縁種であるクリプトメレン鉱などの酸化マンガン鉱物も同じような形態で産出するため、他の鉱物との肉眼的区別は非常に困難です。