エピドート 緑簾石 やきもち石 焼き餅石 68g 原石 結晶 標本 長野県武石村 Epidote 3

通販特別価格 2,980円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦56X横36X高23mm
【重さ】
約68.9g
【産地】
長野県小県郡武石村下本入
【やきもち石】
長野県の武石村では表面が緑色を帯びた球形の石が採れ、割ると中の晶洞に黄緑色の緑簾石が入っており、うぐいすあん入りの焼き餅に似ていることから、昔から「やきもち石」と呼ばれています。
また、石英の結晶が入ったものもあり「白あん」と呼ばれています。
【歴史】
水晶に内包されたものは、「草入り水晶」と呼ばれ、日本でも古くから親しまれてきました。
【特徴】
緑簾石グループに属しているケイ酸塩鉱物で、変成を受けた堆積岩や火成岩にでき、緑色で条線が簾(すだれ)に似た形状のため緑簾石と呼ばれています。