オブシディアン 黒曜石 75g 原石 標本 北海道常呂郡置戸町 Obsidian 233

【サイズ】
約 縦95X横64X高12mm
【重さ】
約75.0g
【産地】
北海道常呂郡置戸町
【モース硬度】
5
【歴史】
名称はこの石の発見者“Obsius”の名より命名されたと言われています。古代より、鋭い割れ口を利用して多くの石器の材料として利用されてきました。日本でも矢じりなどが発見されています。和名では黒曜石。
【特徴】
本来は、岩石となるはずのマグマが地表に急激に噴出した為に急冷し、固まってガラスの状態になったものです。