アバパヌ隕石 3.6g 原石 標本 石質隕石 普通 コンドライト L3 ナイジェリア Aba Panu 1

【サイズ】
約 縦31X横19X高2.7mm
【重さ】
約3.6g
【種類】
石質隕石 普通コンドライト L3
【発見地】
ナイジェリア連邦共和国オヨ州
【発見年】
2018年4月19日
【歴史】
総既知重量160Kgで、2018年4月19日の午後14時02分に複数の大きな火の玉がナイジェリアのオヨ州に落下しました。
多くの隕石がイパポの村とテデの北側に落ちたため、隕石は複数の場所で集められました。
隕石は落下点の中央近くにあるAba Panuの村にちなんで名付けられ、この村の中と周辺には複数のkg単位の隕石が見つかっています。
マイケルファーマーおよびモリッツカールが50Kg、エリックツェルカーが7.74Kg、ASUが242g、その他はナイジェリア政府によって100kgほどが収集されたと推定されています。
【石質隕石】
石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。
【普通コンドライト】
普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。