サント アントニオ ド デスコベルト隕石 12g 原石 標本 鉄隕石 ヘキサヘドライト ブラジル 3

【サイズ】
約 縦29X横20X高2.5mm
【重さ】
約12.1g
【種類】
鉄隕石 ヘキサヘドライト IIAB
【発見地】
ブラジル連邦共和国ゴイアス州
【発見年】
2011年12月28日
【歴史】
総既知重量52.15Kgで、農場労働者が土を平らにしている作業中に表面から60cm掘ったところに52.15Kgの塊をJose Meloが発見しました。
ブラジル国立博物館に52gの破片を持ちこまれた後、カルフォルニア大学のJ.T. Wassonが分析しヘキサヘドライトに分類されました。
エッチングされた断面はノイマン線がよくわかり、カマサイトの特性を持つ六面体構造を示しています。
【鉄隕石】
鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。
【ヘキサヘドライト】
ヘキサヘドライトは、ニッケル比が4.5〜6.5%で、カマサイトから出来ています。エッチングすると断面には綺麗なノイマンラインを見ることが出来ます。