シュンガイト シュンガ石 フラーレン 110g 原石 標本 バスストーン ロシア カレリア共和国 Shungite 1

ロシアでは河川や湖などの水の浄化に使われている品質のものとなります。

【サイズ】
約10-50mm程度
※サイズのご指定は承れません。
【重さ】
約110g
【産地】
ロシア、カレリア共和国シュンガ
※石の性質上、触ると手が黒くなることがあります。
※少し脆いので、多少かける場合がございます。

【石の力】
細胞の活性化
活性酸素の無害化
電磁波などの目に見えない有害物を吸着する

【歴史】
ロシアのカレリア共和国、オネガ湖北西部のシュンガにある先カンブリア紀(約20億年前)の炭素富裕鉱物層中から出され、フラーレンが自然に存在する鉱物。
自然界でフラーレンが存在する鉱物としては地球上でシュンガイト以外見つかっていない貴重な鉱物です。
【特徴】
同じ炭素系鉱物でもダイヤモンドとは違ってとても軽く見た目はジェットに金属光沢を持たしたような鉱物です。
フラーレンは活性酸素を無害化するとにより肌が若返るといわれており、美容業界では、肌の若返り効果で化粧品や美容液に利用されています。