キャニオンディアブロ隕石 12g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 アメリカ Canyon diablo 1

【サイズ】
約 縦24X横18X高11mm
【重さ】
約12.4g
【発見地】
アメリカ合衆国アリゾナ州ココニノ群
【発見年】
1891年

【キャニオン・ディアブロ隕石】
アメリカのアリゾナ州でバリンジャー・クレーターを作った隕石の破片の1つと考えられている隕石で、1891年にクレーターから西に5〜6km離れたディアブロ峡谷で発見された。
15万年前から500万年前の間に地球に衝突しバリンジャー・クレーターを作った隕石のサイズは25mから30mの大きさといわれており、発見されている隕石だけでも30トンはあります。
オクタヘドライトに分類され、博物館でサンプルを見ることができます。
主要含有物には、「ダイヤモンド」「グラファイト小球状塊」「シュライベルス石」「コヘナイト」「単硫鉄鉱物」などがあります。
また、キャニオン・ディアブロ隕石から「ロンズデーライト」「モアッサン石」「ハクソン鉱」「クリノフ石」が初めて発見されました。