マンドラビラ隕石 7g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 1

【サイズ】
約 縦17X横12X高9mm
【重さ】
約7.6g
【種類】
鉄隕石 ICD(オクタヘドライト)
【発見地】
オーストラリア ヌラーボール平原
【発見年】
1911年
【歴史】
総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。
2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。
1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。
1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。
1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。
隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。
また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。