セリコ隕石 5g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ケニア Sericho 53

通販特別価格 4,980円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦26X横16X高5mm
【重さ】
約5.2g
【種類】
石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ)
【発見地】
ケニア共和国ハバスウェイン
【発見年】
2016年
【歴史】
2016年に2人の兄弟が彼らのラクダを探していて、ハバスウェイン村の西部にていくつかの大きくて緻密な石に遭遇しました。実は、その岩は何十年も前からそこにあり、ラクダ飼いたちに知られていましたが隕石とは認識されていませんでした。
2017年1月上旬にラクダ飼いの兄弟から隕石ハンターのマイケルファーマーのもとに107Kgのパラサイトの写真が添付された電子メールで届き、現地に赴いたことで新しく発見された隕石となります。
【特徴】
総重量は2.8トンと言われており、風化も進んでいなかったことからセリコ隕石からは良質なパラサイトの標本が手に入ります。
【石鉄隕石】
石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。
【パラサイト】
パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。