リビアングラス リビアンガラス 13g 原石 結晶 標本 エジプト 3

通販特別価格 14,800円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦44X横25X高17mm
【重さ】
約13.2g
【産地】
エジプト・アラブ共和国のリビア砂漠
【歴史】
モルダバイトよりも古い歴史を持ち、古代エジプトの人々はリビアングラスに特別な力があると信じてきました。
ツタンカーメン王の墓からはリビアングラスを使った両刃の手斧やアンティークガラスで作られた石炭船が出土されました。
この絢爛豪華な船の中央にはリビアングラスで作られたスカラベが装飾されており、古代エジプト人達により大切に扱われてきたことを感じさせます。
【特徴】
起源については様々な議論がなされていますが、最も一般的な起源の理論は大きな流星の衝撃または大気爆発のために形成されたというものです。主成分は、ほぼ純粋な溶融シリカガラスとなり、約2900万年前に隕石が衝突した衝撃で出来たガラス質の結晶だとされ、表面は砂漠の砂で磨かれ角が滑らかになっているものがほとんどです。